• PAPS Staff

PAPS メルマガ vol.003


観測史上最も暑い夏がようやくすぎ、過ごしやすい秋になりました。読書の秋、食欲の秋ですが、それと同時に、活動の秋でもあります。いよいよ11月28日のシンポジウムの日がしだいに近づいてきました。その準備も着々と進んでいますので、ご報告させていただきます。

まず、シンポジウムのチラシができ上がりました。

「ポルノ、暴力、貧困、いじめ…… 子どもたちを取り巻く世界は私たちの社会の縮図です」

こんなキャッチフレーズのもと、とても素敵なチラシをデザイナーさんにつくっていただきました。チラシが必要な方は、お名前と送り先のご住所を明記の上、何枚必要かを書いて、XXXX までメールでご注文ください。チラシの数にはかぎりがありますので、注文はお早めに。

また、チラシ作成後に、今回のシンポジウムの後援団体として新たに、「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワーク」(http://end-childpoverty.jp/)が正式に参加していただけることになりました。

現在は、草の根で「賛同団体」を大規模に募っていますので、ぜひご参加ください!(「賛同団体」アピールを添付しておきます)

このシンポジウムの準備と同時平行的に進めている著作の方も、タイトルが正式に決まり、予定していた原稿もすべて出揃い、現在は編集の最終段階に来ています。タイトルは、『証言・現代の性暴力とポルノ被害 ~研究と福祉の現場から』というものです。内容は「はじめに」と4つの章で構成されています。

はじめに 性暴力被害者の語りと、それを聞き伝える意味について

第1章 ポルノとは何か、ポルノ被害とは何か

第2章 当事者の声と支援者の声と

第3章 被害防止の可能性を探る――法、性教育、技術の各視点から

第4章 被害者支援の取り組みとその展望――女性のための施設と医療の現場から

この著作の副題にあるように、まさに「研究と福祉の現場」の最先端からの素晴らしい報告と証言が盛りだくさんの内容になっています。

頁数は300頁弱で、値段は2000円程度を予定しています。11月下旬には完成する予定ですので、楽しみにしてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ●●ポルノ被害と女性・子どもの人権プロジェクト メールマガジン                  vol.003 2010年10月14日 発行

【ポルノ被害と性暴力を考える会】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2回の閲覧

(C)ぱっぷす(特定非営利活動法人ポルノ被害と性暴力を考える会)

  • Instagramの社会のアイコン
  • 社会的なFacebookのアイコン
  • Twitter Social Icon
  • アマゾンの社会のアイコン