• Admin

イーストプレス社への質問状(2012年2月)


2012年2月7日

株式会社イースト・プレス 代表取締役 小林 茂 殿

 過日はお忙しい中私たちのために時間を割いて下さいまして誠にありがとうございました。  過日の話し合いを踏まえて、以下のことを申し入れますので、文書にて2012年2月29日までに回答くださいますようお願いいたします。

1、「よりみちパ!ンセ」シリーズの中にあるバクシーシ山下の『ひとはみな、ハダカになる。』を刊行することに関して、イースト・プレス憲章に照らしてその社会的意義について説明していただきたいと思います。とくに、当該著作を刊行することは、貴社の憲章の条文にある以下の条項とどのように両立するのかについて具体的にご説明願います。 第1条「正直であること」 第3条「敬意を払うこと」 第4条「知る喜び・考える力・生きる豊かさ」 第6条「社会的支援・正義・改善」

2、私たちが先日、バクシーシ山下『ひとはみな、ハダカになる。』」を再刊しないよう申し入れしましたところ、このシリーズは全巻復刻刊行するという編集者との約定があるので再刊しないわけにはいかないとのことでした。編集者との約定は貴社内部の問題であり、社会的な意義や普遍的な人権問題とは無関係の事柄です。  私たちが問題にしているのは、『女犯』シリーズをはじめとしてあからさまに暴力的で残虐なアダルトビデオを撮影・発売したことで名をなしたバクシーシ山下に、青少年向けにポルノ情報を提供している本を貴社が再刊しようとしていることです。それらのビデオの中で、女性は殴られ、蹴られ、吐しゃ物を吐きかけられ、集団でレイプされ、便器の水に顔を突っ込まれています。バクシーシ山下は、女性の人格性と身体を徹底的に客体化し、いたぶり、侮辱し、凌辱することに特化した映像を製作し商品化していた人物であることを問題視しています。

 このようなアダルトビデオの存在についてどのように考えているのか、そしてこのような犯罪的ビデオを多数撮影・販売した監督に青少年向けに性について語る著作を書かせることについてどう考えるのか、そしてその著作を貴社があえて再刊することについてどう考えているのか、これらについて、女性の人権と平等、青少年の保護と権利、出版の社会的意義と公序良俗、といった諸観点から具体的にご説明ください。

 なお、貴社からの回答については、私たちのホームページや関連団体のホームページ、私たちの発行する書籍、および、今年の秋に予定している国際シンポジウムの資料等で広く紹介していく予定です。私たちのシンポジウムは毎年NHKの取材を受けており、広く報道されています。文書による回答をいただけない場合は、過日の話し合いの模様について私たちの記録として公表していく予定です。

 誠意ある回答をお待ちしております。

代表世話人 横田千代子(婦人保護施設いずみ寮寮長) 森田成也(駒澤大学非常勤講師) 宮本節子(フリーソーシャルワーカー) 湯澤直美(立教大学教員)

#イーストプレス社

61回の閲覧

最新記事

すべて表示

ポルノ被害と性暴力を考える会 NPO法人設立記念シンポジウム ~現代における性暴力と性搾取~

PAPS NPO法人設立を記念したシンポジウムを行います。日本で初めてのポルノ被害当事者への具体的な支援を目指したNPOです。これまでの活動、なぜこのNPOが必要なのか、今何が起きているのかを現場で関わっていたソーシャルワーカー、弁護士が語ります。 多くの方のご参加をお待ちしています。また16;00〜は同じ場所で一般参加の記者会見行います。メディアの方のご参加もお待ちしております。 開場:13:0

無制限のポルノ出版は正当化されるのか

(『週刊金曜日』2012年3月30日号) 累計180万部突破の人気シリーズ「よりみちパン!セ」の再刊をめぐり、出版社と市民団体との間で攻防が起きている。 「よりみちパン!セ」シリーズは理論社から2004年に創刊。社会的な事象や哲学、身の回りの出来事など、子どもから大人までわかりやすく解説された話が人気となり、計56冊が刊行された。 だが、理論社は2010年10月に民事再生法適用を申請し、事実上の倒

イースト・プレス社問題

2008年に理論社という良心的な児童書の老舗出版社が、「よりみちパン!セ」シリーズの一環として、暴力アダルトビデオの監督として有名なバクシーシ山下が青少年に向けて性について語るというコンセプトの『ひとはみな、ハダカになる。』を出版したことに対して、婦人保護施設の施設長などが抗議し、絶版・回収を求める運動を行ない、1万名以上の署名を集めました。 その理論社は、抗議側の主張にはまったく耳を貸さず、話し

(C)特定非営利活動法人​ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会)

  • Instagramの社会のアイコン
  • 社会的なFacebookのアイコン
  • Twitter Social Icon
  • アマゾンの社会のアイコン