Please reload

PAPS メルマガ vol.049 新年のあいさつと相談支援事業

January 17, 2017

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ポルノ被害と女性・子どもの人権プロジェクト メールマガジン

vol.049

2017年1月18日 発行

ポルノ被害と性暴力を考える会

http://paps-jp.org

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━※このメールは【ポルノ被害と性暴力を考える会】の賛同者の方にお送りしております。配信停止をご希望の方は、hpsv-mag-del@app-jp.org 宛てにご返信ください。自動的に配信停止手続きされます。

 

転送歓迎

新しい年に入ってもうすでに半月が過ぎてしまいました。日本列島は厳しい寒波に襲われていますが、みなさまお元気でお過ごしでしょうか?昨年はいろいろあった年でしたが、おかげさまで無事に、新しい年を迎えることができました。

 

パップスは2009年に婦人保護施設等の施設職員、研究者、市民活動家が集まって結成されました。初めはシンポジウムなどの啓発を中心に活動してきました。志のあるものの集まりでしたので、会費も徴収せず、自分のできるところで「ゆるーく」関わるということをコンセプトに活動してきました。

 

2012年あたりからぽつぽつと来ていた相談が、ホームページで呼びかけたりメディアで取り上げられるたびに、相談者が増え2017年1月はじめには累計で270件を越すものになりました。2015年からは人身取引被害者サポートセンター「ライトハウス」との協働事業として「相談支援事業」を本格的に稼働しています。

 

2015年と2016年の2年間で約200件を超える相談が寄せられました。相談のうち約70%はアダルトビデオがらみの相談で、残りは性風俗、児童虐待などの相談です。 ITの専門家とソーシャルワーカーなどそれぞれの得意な分野を生かし、各関係機関とも連携をとりながらの相談支援、そしてメディアなどへの啓発活動は、パップス以外の発信も含め、「AV問題は社会問題」ととらえてもらえるようになっています。

 

相談者が増えれば増えるほど、志のある者の集まりであるがゆえに財政的な裏付けもなく、自分の一生の仕事として相談員を選んだ者の人件費も出せず、交通費すら持ち出しでしている状態です。

 

しかし、メディアに取り上げられるようになってから、ぼちぼちと見知らぬ人からの寄付が送られてくるようになりました。一言もコメントはないが寄付して下さる方、「こんな人権侵害が行われているなんて怒りを覚えます、応援しています」、「お働きに感謝します」、とコメントがあったり、驚くことに毎月定期的に送って下さる方までいらして、とても励まされます。この事業は私達だけでしているのではないと痛感させられる瞬間です。事務局体制も不十分なので、お礼状も出さないまま失礼しています。志を寄せて下さった方々に心から感謝です。

 

来年度からは、世話人も交代し、遅ればせながら事務局体制も何とかしていこうと決意しております。財政的な裏付けとして、「サポーター制度」の導入も考えているところです。

 

AV問題は可視化されれば、されるほど、その問題の深刻さに驚くばかりですが、驚いてばかりはいられません。とにかくこの問題をみなさんに知ってもらい、被害をなくしていくことを考えなければいけないと思っています。

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

PAPSへのカンパのお願い

現在、PAPSとLighthouseでは2015年4月からポルノ被害、性風俗被害に関する相談支援事業を行っています。2017年1月15日時点で、相談者の累計275名になります。東北・関西・九州・北海道など東京以外の相談が増えてきています。遠隔地の相談者の場合には、現地の支援者や弁護士との連絡調整を図るためにスタッフが現地に赴いたりしています。このような活動をするためには交通費や滞在費などがかさむので実効ある支援体制をなかなか構築できないのが現在の大きな悩みです。

 

郵便振替口座:団体名 ポルノ被害と性暴力を考える会

番号 00190-3-565606

  

■ポルノ被害と性暴力を考える会編の出版物

『森美術館問題と性暴力表現』(不磨書房 2013.8)1890円+送料

『証言 現代の性暴力とポルノ被害 ~研究と福祉の現場から~』東京都社会福祉協議会 2010.11)1905円+送料

パンフレット「今は、まだ名前のない性被害があります」カンパ200円以上+送料

ーーーーーーーーーー

申込方法

fax 03-6304-2564 又はmail paps@paps-jp.org

住所・氏名・希望部数記載の上、上記ファックス又はメールにてお申し込み下さい。

代金の授受:振り込み用紙を同封しますので、本が届き次第なるべく早くお支払い下さい。

ーーーーーーーーーー

 

▼【メルマガの登録手続きはこちら】

hpsv-mag-add@app-jp.org

▼【メルマガの配信停止手続きはこちら】

hpsv-mag-del@app-jp.org

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

▼【ポルノ被害と性暴力を考える会】http://paps-jp.org/

▼【メールでのお問合せはこちら】paps@paps-jp.org

▼【FAXでのお問合せはこちら】03-6304-2564

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

関連記事

Please reload