Please reload

PAPS メルマガ vol.050 相談支援事業の相談

April 1, 2017

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●●ポルノ被害と女性・子どもの人権プロジェクト メールマガジン

vol.050 2017年4月2日 発行

 

【ポルノ被害と性暴力を考える会】http://paps-jp.org

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━※このメールは【ポルノ被害と性暴力を考える会】の賛同者の方にお送りしております。配信停止をご希望の方は、hpsv-mag-del@app-jp.org 宛てにご返信ください。自動的に配信停止手続きされます。

 

転送歓迎

新桜が開花し、、いよいよ本格的な春を迎える季節となりました。 相談支援事業の相談が2013年以来通し番号で320件を越えました。毎日約100件の相談が並行して進行しています(解決に時間がかかっている人も含まれますので・・)。とくに2017年になっての新規相談が急増しています。各メディアでも取り上げられるようになった結果なのだと思います。

 

これは慰安婦問題で金学順(キム・ハクスン)さんが名乗り出た後で、各国の沈黙を守っていた被害者の方たちが次々と名乗り出てきた状況とよく似ているなと感じています。

 

こんなことを相談してもよいのだろうか、私も悪いんだけど、誰に相談してよいのかもわからない・・・。それが相談してもいいんだ、私だけではなかったんだと考える人が、さまざまなルートで相談を寄せてきています。

 

相談支援についてさまざまな意見が出てきています。いわく本人の話を鵜呑みにして大丈夫なのか、裏はとっているのか、AV業界つぶしをねらっているのか等々・・・・・。

 

私たちの立場は一貫しています。相談を寄せて下さった方の「困っていること」によりそい、一緒に考えていっているだけなのです。百人百様の相談に対し、支援者がストーリーを作ることなくじっと耳を傾け、ご本人の意思を確認して必要な支援をしている、その結果として現在の業界の問題点が浮き彫りになってきているのだと思っています。

 

私たちは、ご本人の「意思決定」を大事に相談にのっています。結果として対人援助の基本の基、(個別化(百人百様)、受容、非審判的態度、自己決定の尊重、秘密の保持など)をふまえていることに気づきました。必要のない情報は集めないということも含まれて(本名を名乗らない方には、お聞きしないなど)います。あくまでも「その人が困っている事」に焦点をあてた支援なのです。その相談の中からいろいろなものがみえてきています。

 

解決に年単位の時間がかかる方もいます。その中で、はじめは混乱して弱々しかった方たちが力強く変わって行くさまは支援者として励まされ、支援者として育てられていると実感します。

 

相談支援がはじまったばかりのころ、名もない団体に勇気を持って相談して下さった相談依頼者に対し、窓口になっていた支援者は、できるだけ10分以内に返信しようと努力しました。それは返事がおくれるとやっぱり怪しい団体だったかと連絡が途切れてしまうことを怖れたからです。夜中から明け方にかけて、親にも友達にも相談できないこの問題について、一人で抱えるには重すぎる、不安に押しつぶされてどうにかなってしまいそう、どこか相談できるところはないかと一生懸命探してやっとたどり着くのです。私どもは細い細い糸を切るまいと必死でした。

 

「どうやって私どもの団体をさがしましたか?」と聞くと、「AV・後悔」で検索したらパップスに結びついたと言う方もおりました。そして口を揃えて「私も悪いのですが・・」と言っていました。2013年、2014年の初期のころに相談して下さった方の勇気に感謝、よくぞ私どもを選んでくれたと思います。

 

若い女性の無知に乗じた騙しの手口、理不尽な要求などさまざまなことが明らかになってきています。

 

2017年3月14日内閣府は「若年層を対象とした性的な暴力の現状と課題」~いわゆる「JKビジネス」及びアダルトビデオ出演強要の問題について~を発表しました。

 

これは「男女共同参画会議女性に対する暴力に関する専門調査会」の報告のとりまとめで、今後の課題として

①更なる実態把握

②取締りの強化

③教育・啓発の強化

④相談体制の充実・強化

⑤保護・自立支援の取り組み強化

を打ち出しています。そして、現在悩み苦しんでいる被害者の支援及び今後の新たな被害者を生まない観点も踏まえ、各課題に係わる施策のうち、速やかに取り組む必要があるまたはとりくむことができるものについては、相互に連携し、スピード感を持って対応と記されています。

 

このように、今政府(内閣府)は相談体制を作る作業を急速に行っていますが、形だけのものが出来上がらないよう、注意深く見ていきたいと思います。窓口はたくさんあったほうがよいのですが、支援の質が担保されなければ二次被害を生むことがあるからです。

 

 

PAPSへのカンパのお願い

現在、PAPSとLighthouseでは2015年4月からポルノ被害、性風俗被害に関する相談支援事業を行っています。2017年1月15日時点で、相談者の累計275名になります。東北・関西・九州・北海道など東京以外の相談が増えてきています。遠隔地の相談者の場合には、現地の支援者や弁護士との連絡調整を図るためにスタッフが現地に赴いたりしています。このような活動をするためには交通費や滞在費などがかさむので実効ある支援体制をなかなか構築できないのが現在の大きな悩みです。

 

郵便振替口座:団体名 ポルノ被害と性暴力を考える会

番号 00190-3-565606

  

■ポルノ被害と性暴力を考える会編の出版物

『森美術館問題と性暴力表現』(不磨書房 2013.8)1890円+送料

『証言 現代の性暴力とポルノ被害 ~研究と福祉の現場から~』東京都社会福祉協議会 2010.11)1905円+送料

パンフレット「今は、まだ名前のない性被害があります」カンパ200円以上+送料

ーーーーーーーーーー

申込方法

fax 03-6304-2564 又はmail paps@paps-jp.org

住所・氏名・希望部数記載の上、上記ファックス又はメールにてお申し込み下さい。

代金の授受:振り込み用紙を同封しますので、本が届き次第なるべく早くお支払い下さい。

ーーーーーーーーーー

 

▼【メルマガの登録手続きはこちら】

hpsv-mag-add@app-jp.org

▼【メルマガの配信停止手続きはこちら】

hpsv-mag-del@app-jp.org

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

▼【ポルノ被害と性暴力を考える会】http://paps-jp.org/

▼【メールでのお問合せはこちら】paps@paps-jp.org

▼【FAXでのお問合せはこちら】03-6304-2564

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

関連記事

Please reload