Please reload

PAPS メルマガ vol.047 「性被害にあってもSOSを出せない女性たち」公開講座の報告

December 2, 2016

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●●ポルノ被害と女性・子どもの人権プロジェクト メールマガジン

vol.047 2016年12月02日 発行

 

【ポルノ被害と性暴力を考える会】http://paps-jp.org

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━※このメールは【ポルノ被害と性暴力を考える会】の賛同者の方にお送りしております。配信停止をご希望の方は、hpsv-mag-del@app-jp.org 宛てにご返信ください。自動的に配信停止手続きされます。

 

【転送歓迎】

「性被害にあってもSOSを出せない女性たち」公開講座の報告

 

東京の数十年ぶりの11月の初雪、風邪も流行っているようですが、お元気におすごしでしょうか?前回お知らせした横浜での公開講座&支援者向け研修のご報告です。

 

去る11月16日(水)横浜の「フォーラム南太田」で横浜市男女平等参画センターの2016年度「公募型男女共同参画事業」として標記の公開講座&支援者向け研修を行いました。今年のテーマは性暴力、性搾取に会う軽度知的障がい女性を取り上げました。

 

当日は50名の定員にそれを越す出席者で、急に出席できなくなった方の中には、資料だけでもほしいと言う方も数人おり、この問題の関心の高さを感じました。

公開講座では若年女性を支援し、そのなかに障がいを抱えた女性も含まれるとおっしゃっていたColabo代表の仁藤夢乃さんと、実際に知的障害のある女性の生活再建支援をしている婦人保護施設の現場からいずみ寮施設長の横田千代子さんとの文字通りコラボを実現することができました。

 

なぜ、パップスが軽度知的障がい女性?という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、実はパップスの成立に深く関わっていたのが婦人保護施設の職員たちです。

 

婦人保護施設は売春防止法を根拠法とする女性のみを支援する施設で、1956年の成立当時から知的障害女性の利用が多かったという事実があります。『貧困、女性を性の道具とする思想、そして障害者差別=知的障害女性は騙しやすい』などの複合的差別のなかで、軽度知的障害のある女性が騙されたりして性搾取される現象があったと思われ、それは現在も変わっていません。近年はDV防止法による暴力被害女性の支援がメインになってしまって、他法優先の原則から知的障害女性は障がい分野でという流れがあり、実質的に支援から漏れてしまっている現実があります。どこも取り上げない、実際声を出すことすらできない女性たちの実態を知り、考えたいと言う趣旨からこの講座を開催しました。

 

開催してみて驚いたのが、この問題に関心を持つ層の広さです。出席者の職業は看護師、相談員、消防士、教諭、養護教諭、女性支援施設、児童養護施設、知的障がい関連施設、相談機関支援員、教育委員会など公務員、医師、そして保護者など・・・・。

 

講師の仁藤夢乃さんの活動は、ご存じの方も多いと思いますが、最近は「私は買われた展」を開催、徹底的に当事者目線での活動に注目が集まっている方です。当事者のニーズに応じてしている活動が婦人保護施設でしている支援と重なることが多いのに、びっくりしたのですが、仁藤さんも以前発行された「婦人保護施設と売春・貧困・DV問題」の本を読んで同じことをしている人たちがいたと思ったそうで、当日は支援者向けの参考書籍としてこの本を紹介して下さっていました。

 

仁藤さんの支援の実態を話していただき、その後の女性たちへの支援を婦人保護の現場からいずみ寮施設長の横田千代子さんから話していただきました。

 

以下参加者からのアンケートについて詳細を掲載することはできませんが、要約しました。

・若年支援で課題になっているところは、福祉の分野とも通じ、教育、福祉、女性支援がどうネットワークを組んでいけるかが課題。

・現状、実態への認識不足を思い知らされた。

・話を聞いて、今、私が出来ることはなんだろうと考えた。

・女性保護政策の課題がみえてよかった。

・広汎性発達障害の娘について、障がいを持ち生きていく中で、どのような問題があり、そしてどのような支援があるかわかってよかった。etc

 

次年度パップスの企画を考えるとしたら・・・・というアンケート(抜粋)

・男性支援者を繋げるには

・ 性暴力と法律

・性虐待 ・AV分野の人の話を聞く

・社会構造と性の暴力性の歴史 ・違う立場の支援者のパネルディスカッション

・「風テラス」弁護士の話 ・被害例の紹介とその後のケアについて

 

PAPSへのカンパのお願い

現在、PAPSとLighthouseでは2015年4月からポルノ被害、性風俗被害に関する相談支援事業を行っています。2016年11月29日時点で、相談者の累計260名になります。東北・関西・九州・北海道など東京以外の相談が増えてきています。遠隔地の相談者の場合には、現地の支援者や弁護士との連絡調整を図るためにスタッフが現地に赴いたりしています。このような活動をするためには交通費や滞在費などがかさむので実効ある支援体制をなかなか構築できないのが現在の大きな悩みです。

 

郵便振替口座:団体名 ポルノ被害と性暴力を考える会

番号 00190-3-565606

  

■ポルノ被害と性暴力を考える会編の出版物

『森美術館問題と性暴力表現』(不磨書房 2013.8)1890円+送料

『証言 現代の性暴力とポルノ被害 ~研究と福祉の現場から~』東京都社会福祉協議会 2010.11)1905円+送料

パンフレット「今は、まだ名前のない性被害があります」カンパ200円以上+送料

ーーーーーーーーーー

申込方法

fax 03-6304-2564 又はmail paps@paps-jp.org

住所・氏名・希望部数記載の上、上記ファックス又はメールにてお申し込み下さい。

代金の授受:振り込み用紙を同封しますので、本が届き次第なるべく早くお支払い下さい。

ーーーーーーーーーー

 

▼【メルマガの登録手続きはこちら】

hpsv-mag-add@app-jp.org

▼【メルマガの配信停止手続きはこちら】

hpsv-mag-del@app-jp.org

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

▼【ポルノ被害と性暴力を考える会】http://paps-jp.org/

▼【メールでのお問合せはこちら】paps@paps-jp.org

▼【FAXでのお問合せはこちら】03-6304-2564

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

関連記事

Please reload