個人情報保護について

プライバシーポリシー

特定非営利活動法人ポルノ被害と性暴力を考える会(以下、当団体)は、個人情報の取扱いに関し、「個人情報の保護に関する法律」及び関連法令、並びに国の定めるガイドラインその他の規範を遵守するとともに、以下のとおりプライバシーポリシーを定め、その適切な取扱いに努めてまいります。

 

1条、個人情報の取得

当団体が個人情報を取得する際には、利用目的を明確化するように努力し、適法かつ公正な手段によって、個人情報を取得します。

2条、個人情報の利用及び提供
1、広報・予防・啓発事業に関して

当団体が取得した個人情報は、取得の際に示した利用目的(当該目的と合理的な関連性のある範囲内の利用を含む。)及び 以下の目的の範囲内で、利用することがあります。

・当団体の活動に関するご支援・ご協力等のお願い

・活動報告・イベント告知等

・メールマガジンの配信

・領収書、お礼状をお届け

・その他、当団体から皆さまへ連絡する必要が生じた場合

2、相談支援事業に関して

当団体は、相談者の個人情報の利用につきましては以下の場合を除き、個人情報を第三者に提供することはありません。また、本来の利用目的の範囲を超えて使用はいたしません。

  • 相談者さんのご了解を得た場合

  • 同様の被害防止の観点から、個人が特定できないよう複数の事例をまとめて一般化する場合

  • 第3条1項から4項に基づく場合
     

3条、個人情報の第三者提供

当団体は、次の場合を除き、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供いたしません。

  1. 法令に基づく場合。

  2. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。

  3. 公衆衛生の向上又は子ども・若者の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。

  4. 裁判所などの国の機関若しくは地方公共法人又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。

 

4条、個人情報の管理

当団体は、個人情報の正確性および最新性を保ち、安全に管理するとともに個人情報紛失、不正アクセス、改ざん、漏えいなどを防止するために、必要かつ適正な措置を講じます。

 

5条、個人情報の開示、訂正、利用停止等の請求

当団体は、当団体が保有する個人情報について、「個人情報の保護に関する法律」に基づく開示、訂正・追加・削除、利用停止・消去、第三者提供の停止または利用目的の通知にかかるご本人からのご請求があった場合には、ご請求頂いた方がご本人であることを確認のうえ、適切に対応いたします。詳しくは、下記の個人情報に関するお問い合わせ先までご連絡ください。

 

6条、従業員の教育·監督

当団体は、個人情報を従業員に取り扱わせるに当っては、個人情報の安全管理が図られるように継続的な個人情報保護施策を実行するとともに、従業員の適切な監督を行います。

 

7条、個人情報保護方針の改定等

当団体は、個人情報保護が効果的に実施されるよう、個人情報保護方針を改定することがあります。

 

8条、個人情報に関するお問い合わせ

ご提供いただいた個人情報の取扱いに関するご要望・お問い合わせは、当団体事務局 paps@paps-jp.org までお願いいたします。

© 2017 Organization for pornography and sexual exploitation survivors(PAPS).

  • Instagramの社会のアイコン
  • 社会的なFacebookのアイコン
  • Twitter Social Icon
  • アマゾンの社会のアイコン