性的な画像を送ってしまった

「相手を信用して送ってしまった」

「送った自分が悪い」

「自業自得なんです…」

こんな風におっしゃる方もいますが、どうか、ひとりで悩まないでください。

性的な画像を送ってしまった方からの相談を受けています。

自分の性的な画像がどのように扱われるのか、不安に感じている方からの相談も受けています。

pixta_63880306_S.png
<"証拠"のスクショを必ず撮って!!>


SNSで相手をブロックしたり、DMでのやりとりを削除したりしないでください。 

相手とのやりとりが消えてしまうからです。 

 

「証拠を撮っておくこと」がとても大事です。

あなたにとって大きな力になります。 

 

できる限り写真やスクショを撮って、証拠を保存してください。 
 

撮らせる・送れという・脅してくる行為、法的にはどうか?>

 
あなたが特定の相手に性的な画像を送っても、罪に問われることはありません。 

あなた以外の人がインターネットで公表した場合には相手が罪に問われます。

リベンジポルノ防止法に抵触しない画像であっても、自ら撮影した画像の著作権はあなたにあります。 

あなたは17歳以下の未成年ですか?(18歳未満の場合)>

あなたは17歳以下の未成年ですか?

その写真にうつるあなたは18歳になる前ですか?

そうだとすれば、あなたの性的な画像は「児童ポルノ」に該当します。
未成年に対して性的画像や動画を「撮って」「送って」と要求することは犯罪です。

児童ポルノ禁止法という法律があります。この法律によってあなたは守られます。
(正式名称:児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律)

自分で撮影して相手に送ったとしても、あなたは罪に問われることはありません。

警察に相談してください。 

個人情報保護の観点から、警察に相談をしても、学校に知られることもありません。 

警察に行くのが不安であれば、支援団体に連絡してください。 

ぱっぷすはあなたの力になりたいと思っています。 

ぱっぷす以外にも、あなたの味方になってくれる大人が必ずいます。>>相談機関を探す