© 2017 Organization for pornography and sexual exploitation survivors(PAPS).

  • Instagramの社会のアイコン
  • 社会的なFacebookのアイコン
  • Twitter Social Icon
  • アマゾンの社会のアイコン

​動画や画像の包括的な削除請求


 ぱっぷすでは、協働相談支援事業として、AV被害に巻き込まれた方の相談支援として、不法にアップロードされた画像や映像をネットで検索し削除請求する業務をボランティアが無報酬で担ってきました。

 

 性的な映像記録の削除請求の業務はストレスが伴い、無報酬のボランティアにお願いする内容の仕事ではないことが、だんだんわかってきました。相談者が自らネット検索して、これらの画像や動画を探し出すことは、精神的にも辛いことから、なんとかしてほしいとの要望が多く寄せられました。

 

 この度PAPSでは、みなさまから寄せられたご寄付と、2019年は削除要請に関する助成金を得ることができ、実験的に2020年3月までの間、無料・非営利で削除要請を行えるようになりました。

ぱっぷすでは、ソーシャルワークの新しい形として削除要請を実施していき、相談者の負担が限りなく少ない削除要請のための仕組みづくりを作っていきます。まずはぱっぷすにご相談ください。

 ※PAPSは非営利団体のため一切お金を受け取ることはありません(=無報酬です)。ぱっぷすで調査してもどうしても​削除要請する問い合わせ先が分からない場合は専門の調査会社に依頼する場合があります。調査にかかる費用のご負担をお願いすることがありますが、事前ご説明をしご了承を頂いてから対応することになります。​ 詳しくは、PAPSのお問い合わせフォーム、 メール:paps@paps-jp.org 電話:050-3186-4119(PAPS代表電話)にお問い合わせください。

​アダルトサイト事業者様へ

 特定非営利活動法人 ポルノ被害と性暴力を考える会(ぱっぷす)では、相談者からの要請により、不法にアップロードされた肖像等の削除請求を行っております。貴サイトにおかれましては、人道的な観点からも、削除請求に応じて頂きますようよろしくお願いいたします。

 

 削除請求に使用しているメールアドレスは、 delete@paps-jp.org です。

 貴サイトにおいて、再三削除請求に応じて頂けない場合は、PAPSでは、さまざまな手段を講じます。

  • 検索エンジンから表示されないような措置を行います。

  • ホスティング会社に対して、プロバイダ責任制限法に基づき、侵害情報の送信防止措置を要請します。

  • 悪質なケースにつきましては、相談者と協議及び弁護士に依頼し、発信者(投稿者)に対し、発信者情報開示請求の仮処分後、発信者に対し訴訟を提起しております。​