AV、風俗関係で困っている

相談される方の多くは、誰からも自分の人生を否定されたくないし、“被害者”とか決め付けけられたくないし、“同情”もされたくない。でも、目に見えない不安をかかえて、今を生きています。

アダルトビデオで、こまった問題に直面された方

1度でも“契約(けいやく)してしまうと、「やめたいときにやめられない」という問題がAVの撮影現場ではしばしば起きています。AVプロダクションでは「業界大手で安心・安全」「仕事(しごと)は自由に選べる」「プライベート重視」「親バレ・身バレなし」と言ってますが、実際には、撮影に応じてしまうと、やりたくないと思っても、“契約”を理由に脅されたり、怖い思いをさせられたり、くやしい思いをさせられたりします。


 プロダクションの人は、何かあると自宅に来ることもあります。「親や学校に言うよ」とか「バラシ代、キャンセル料が発生する」と言って断われないようにすることがあります。


 これまで「女優」としてプライドを持ち、求められることには頑張ってきたけれど、契約の最後のほうの撮影では、いわゆる「すて女優」としてヒドイ撮影を要求されて、つらい思いをされた方もおられます。

あなたは、もう決してひとりではありません。不安をひとりでかかえこむ必要はもうありません。PAPSは、あなたの生き方を大切にしつつ、いま困ていることをどうしていけばよいか一緒に考えていきませんか?

相談によってはAVや性被害の問題に詳しい弁護さんと一緒に紹介に困たことを解決していくことも可能です。PAPSには、このような相談がよせられています。(相談者が特定されないように細部を変えています。)

Aさんのケース

わたしは、AV女優募集と書かれたホームページから面接を受けました。でもAV撮影のときに、思っていた以上のことを要求されて、怖い思いをしました。

 

に精液を入れられたり、性感染症のことがとても心配です。不正出血や生理が来なくなって、体のことがとても心配です。

 

Vの仕事をしてからは、家族にバレるのが怖いです。これからどうして生きていけばよいのか、先が見みえないです。

Aさんは、PAPSに相談をして、これ以上はAVの撮影に応じなくてもよいことになりました。AVも販売停止になりました。Aさんのその後です。

PAPS NEWS

Please reload

わたしは、「AVプロダクションの人からは、折版(5:5)で1本あたり20万支払われると聞いていましたが、弁護士さんから、プロダクションは私の5倍以上のお金を不当にもらっていて、驚きました。

PAPSに相談するまでは、プロダクションのために頑張ろうと思っていましたが、騙されていたんだと気づかされました。

販売されたビデオも止まって、いまはPAPSの協力で、インターネットで拡散した画像やビデオの削除をしています。時間はかかりますが、ひとつひとつがんばりたいと思います。今は、もとどおりの生活を送ることができています。

 

AVメーカーの人に「もうこの道でしか生きていけない」と言われましたが、をAVに追い込ませるための口実だったのだと思います。

Bさんのケース

動画投稿サイトで、私の性行為を撮影したものが私の知らないうちに販売されていることを知りました。動画投稿サイトの運営会社に消してほしいと伝えましたが、投稿した知らない相手に、の氏名などの個人情報を伝えなければ消せないとか、弁護士に相談してくださいといわれました。(お金も無いのに)もう、どうしたら良いのかわかりません。

注1:動画投稿サイトとは、不特定の人が投稿した動画を不特定の人が視聴できるようにするサイトのことです。動画投稿サイトの中には性行為を撮影した動画を有料で視聴できるようにしてお金を得る仕組みもあります。

注2:個別の撮影内容については映像が特定されないように伏せていますが、動画サイトにおけるこのような相談は複数せられています。投稿した誰とも分からない人に対し、自分の名前を出さないt削除できないのは、一種のリベンジポルノです。被写体の人を特定するために悪意のある人が意図的に公開した可能性もあります。これらを黙認しながら有料で荒稼ぎしている動画サイトの対応はあまりにも残酷です。PAPSでは、このような動画投稿サイトの運営会社へは、国内外を問わず被害のご本人からの相談があれば抗議や削除要請を行っています。

Cさんのケース

プロダクションの人にスカウトされて断りきれずに撮影に応じてしまいました。初めは普通のV(ビデオ撮影)でしたが、6本目ら怪しい会社のVに出演させられて、廃墟のような場所で20人くの人に中出し(女性器の中に射精すること)されました。怖かったしとても悔しかったです。毎日「もう消えてしまいたい」という気持でいっぱいです。

Dさんのケース

は、駅でスカウトされ、知らないうちにいろいろなことが決めれらて12本契約してAVに出演しました。れが大々的に販売されてしまい、ついには高校の同級生にも知られてしまいました。AVメーカーの人に相談しても何もしてくれませんでした。他の人からみれば、自ら望んでAVに出演してしまったかのように見えてしまいます。もう販売されていて、どうしたら良いかわからくなりました。

AVに出演で困ったことになっているあなたへ

 

あなたや、あなたの知人がアダルトビデオ(AV)やアダルト動画出演していて困ったことになっている方へ、あなたはけっして一人ではありません。

街中などでスカウトするときに、あたかも普通の芸能事務所であるかのように偽って事務所に連れて行って契約をさせ(その際、宣伝用だとしてトップレスの写真を撮られる場合が多くあります)、その後、アダルトビデオの撮影に持ち込むという手法が広く用いられています。そして、その撮影を断ろうとすると、事務所側は違約金を請求したり、これまで宣伝やレッスンに掛けた費用(数十万円から数百万円)を全額弁済するよう脅したり、あるいは、トップレスの写真を親や周囲にばらまくと脅して、結局、アダルトビデオの撮影を強行しようとします。

 

 しかし、このような手法はまったく違法であり、そのような契約は効力を持ちません。また、違約金や費用の請求も違法であり、支払う義務はまったくありません。さらに、性行為をおこなう契約は「公序良俗」に反し効力を持(も)ちません。裁判でも、AVプロダクション等のAV派遣業、AVメーカーは、「職業安定法」や「労働者派遣法」上の「公衆道徳上有害な業務」に該当するとされ、このような募集や派遣行為や出演行為は不法行為であると認定されています。