リベンジポルノでの被害にあわれたかたへ

リベンジポルノ(デジタル性暴力)の被害にあったら、迷わず相談してください!!

 スマホでの撮影を許してしまっても、あなたの意に反して、ウェブサイトにアップロードされてしまったときは、すぐに相談してください。海外のサーバにアップロードされたので他の相談窓口で対応できないという場合であっても、いちどPAPSにご相談ください。

 

 インターネット上には、PornHub、X-VIDEO、FC2を代表とする無数のポルノ動画共有サイトがあります。PAPSへの複数の相談を通じて、「リベンジポルノ」や「児童ポルノ」がアップロードされたアダルトビデオの中に紛れていることがわかってきました。

 これらのポルノ動画共有サイトに削除要請をして削除されたとしても、再度投稿され続けます。警察等に相談しても、サーバが海外のため日本国内から投稿されたものか判断がつかず、刑事事件化できない現状があります。このような受け身の状況から、積極的に投稿者を特定し責任追及を行う必要があります。

 PAPSでは、相談者と一緒に、海外にあるポルノ動画共有サイトに対し、発信者情報の開示を求め、日本から投稿されたことが判明しました。その後は、PAPSは本人訴訟の支援を行い、発信者情報開示の仮処分や訴訟を複数回行った結果、発信者の特定ができたケースもあります。

 

 相談は無料です。どうしたらいいかわからなくなったときはご相談ください。

 つい撮影に応じてしまった写真や、断り切れずに送った動画により、リベンジポルノの被害を受けたとしても、リベンジポルノを持っている相手(多くはパートナー、利害関係のある人)に対し恐怖を感じてしまいます。多くの方はは、拡散させないようになんとか穏便に済ませようという力も働きます。しかし、相手は拡散しない見返りに、さらなる性行為を要求したり、交際を迫ってくることがあります。

 リベンジポルノは性暴力であるために、とても言いにくく、自分には何の力もない無力感に襲われてしまうこともあります。どうか、ご自身を責めないでください。

 そんなときは、まずはPAPSにご相談ください。PAPSはリベンジポルノの被害にあわれた方の相談を受け付けています。相談される方の状況によって、どうするのが一番いいのかということについて、相談できます。

 

 PAPSは、デジタル性暴力にあわれた方と一緒に、今後について話し合います。相談される方の立場に寄り添い一緒に考えます。まずは、一人で悩まずにPAPSに相談してみてください。