身近な人に被害を相談された

身近な人が被害にあってしまった。

そのことを相談された私は、どうすればいいのでしょうか?

相談するのはとても勇気がいることです。

「話をしてくれてありがとう」と伝えてください。

まじめに、静かに、相手の話を聞いてください。

 

「あなたにも落ち度はあったのでは?」と責めたり、お説教のようなことは言わないでください。

あなたに相談する前に、その人はもう、十分すぎるほど自分で自分を責めています。

性的搾取の手口は巧妙化・複雑化しており、専門家や専門機関の協力が必要です。

相談したことをきっかけに、その人は生きのびる道を見つけられるかもしれません。

自分達だけでなんとかするのではなく私たちの相談窓口専門家のいる相談機関に連絡してください。