ぱっぷすのご相談のながれ

私たちに相談をするとき、不安や緊張を感じている方も多くいらっしゃいます。今まで誰にも相談できなかったことを打ち明けるには勇気が必要です。私たちはその勇気に感謝しています。

初めてお話を伺うことを「初回面談」といいます。ぱっぷすの「初回面談」の流れを簡単に説明します。

AdobeStock_72097877.jpeg

1.

あなたが困っていること、相談したいことについて相談窓口のメールフォームまたは相談ダイヤル(050-3177-5432)からご連絡ください。相談員が確認し次第、より詳しい状況についてお話をうかがうための日程調整をいたします。(日曜日、休日、夜でも対応しています。)

2.

直接会ってお話を聞かせていただく場合には、東京都内の公的機関(女性相談センターなど)の会議室を借りています。遠方に住んでいる方はご相談ください。

3.

ぱっぷすの相談支援は、スタッフ2名でお話を伺うスタイルです。主として女性が対応します。(ぱっぷすには男性相談員もいます。男性からの相談の場合には異性の相談員でもかまわないかどうかご意向を確めています)

4.

初回面談の時間は1〜2時間ほどです。お名前は匿名(ニックネームなど)でもかまいません。話をするなかで過去の記憶を思い出して辛くなってしまう場合は、いつでも退席して休んでいただいてもかまいません。

5.

相談内容についてお話を聴く中で「いま一番したいこと」「解決したいこと」が何かを明確にします。これを主訴(しゅそ)の確定と言います。主訴が決まったら、それを解決するためにどうしたらいいかを考えて、一緒になって対応します。

6.

ぱっぷすのスタッフに初めて会うのが、どうしても不安で仕方なかったら、少し遠回りになりますが、電話でもかまいませんよ。電話で話をして信用できるかどうかあれこれ確かめてください。

7.

ぱっぷすの相談料は無料です。
ぱっぷすの運営費は活動趣旨に賛同する方々からの寄付によって成り立っています。

Fukushikikinlogo_RGB_72dpi.jpg

2020-2021年度の相談支援事業は赤い羽根共同福祉基金の助成により運営しています。