PAPS(PAPS)は、過去に出演したAVをネットから削除したい方の相談窓口(駆け込み寺)です。

親しい人にバレたらどうしたらいいかわからない。過去にアダルトビデオに出演してしまわれた方は、あなたと同じように悩まれています。


 一度でも販売してしまうと、インターネット上に拡散されて、自分自身ではコントロールできなくなると思えてしまいます。弁護士に依頼しても、費用が高額なため、お金が支払えない方からのご相談もあります。

 
 PAPSは2012年~AV出演被害の相談窓口を開設し、AV被害に関する相談は約300件寄せられています。相談された方の多くは、自分の気持ちの整理ができずに、自分の意志に反して撮影されたビデオのことが頭をよぎって、そのときに経験した記憶が繰り返し思い出されます。

 

 PAPSには、社会福祉士、臨床心理士などのソーシャルワーカー、カウンセラーと、IT技術に精通しているエンジニアがいます。内容によっては弁護士さんが不要なケースもありますし、弁護士が必要な場合は、ご相談内容から、得意としている分野の支援弁護士(20人以上、弁護士費用がかかります)と連携して対応しています。わたしたちと一緒に、あなたの困っている問題を一緒になって考えて行きませんか?

身バレ被害・AV販売停止 SOS