• Admin

『「安全な場所を確保できていない女性たち」に向けた緊急支援を始めました』 - PAPSメルマガ vol92


いつもぱっぷすを支えて下さっている皆さまへ

現在ぱっぷすは、新型コロナの甚大な影響を鑑みて「コロナ禍の緊急対策」として主に「安全な場所を確保できていない女性たち」を対象としたアウトリーチの強化と、婦人保護施設ほかの安心安全な場所につなげるための連携支援体制を強化しました。

4月24日から、いくつかのバリエーションでSNS発信を始めたところ、4日ばかりの間に18万人以上のアクセス、2000以上リツィートがあり現在も拡散しています。既にぽつぽつと相談が寄せられています。

新型コロナ感染のリスクを下げるために、「濃厚接触」「3密」を避けることが有効とされ、積極的に呼びかけられていますが、風俗やAV、キャバクラ等に従事する方々にとって、これらを避けることは、ほぼ不可能です。そんな中でも、多くの方が生活のために性を売り続けるしかない状況があります。

そうした方々とぱっぷすが繋がれるよう、ぱっぷすの支援が届くよう、以下の2点について皆さまにもご協力頂きたく思っています。

➀情報の拡散

ツイッターやフェイスブック等、SNSをご利用の方がいましたら、下記リンクからぱっぷすの投稿を拡散していただけませんでしょうか。  

ツイッターはこちら

Facebookはこちら

②【その他】

この新型コロナの影響により、通常ぱっぷすの運営費にさらに上乗せして、人件費や相談支援の費用が必要になって参ります。ぱっぷすの活動は、皆さまからのご寄付と各種団体からの助成金によって成り立っているため、寄付によるご協力を賜れましたら、大変有難いです。 (ご寄付はこちらからお願い致します。

皆さまお一人お一人が新型コロナの影響を受けて大変な思いをされている事と思います。どうか皆さま、ご自身の健康や安心した暮らしを第一にお過ごしくださいませ。そして、もしも余裕がありましたら、今安全な場所を必要とする方々に向けたぱっぷすの支援事業に、上記の様な方法でお力を貸して頂けたら幸いです。

新型コロナが終息しましたら、また活動報告会等で、皆さまにお目にかかれる事を心より楽しみにしております。

ぱっぷすスタッフ一同


ぱっぷすの相談支援事業を維持するために必要不可欠な相談員の人件費、事務所の維持費、相談者との面談のための交通費や施設費は、皆様からのご寄付で賄っています。 これからもより質の高い支援を継続して行っていくために、安定した活動資金を必要としています。 今後も、ぱっぷすの相談支援体制の充実をはかり、被害を無くすために努めて参りますのでご協力をよろしくお願いいたします。

https://www.paps.jp/supporter

153回の閲覧

(C)ぱっぷす(特定非営利活動法人ポルノ被害と性暴力を考える会)

  • Instagramの社会のアイコン
  • 社会的なFacebookのアイコン
  • Twitter Social Icon
  • アマゾンの社会のアイコン