Please reload

PAPS メルマガ vol.58 高級官僚の旧態依然としたセクハラ感覚にびっくり

August 16, 2018

メルマガはこちらからご覧ください

https://shoutout.wix.com/so/5MBl_F9j#/main

 

 

 財務省の事務次官といえばいうまでもなく財務省のトップのお役人です。その立場にあった福田淳一氏が女性記者の取材を受けるとき、たびたびセクハラ発言をしていたので、女性記者の方は身を護るために、その会話のテープを取っていたという記事が週刊誌によってすっぱ抜かれました。この事件で、財務省の対応や福田淳一氏ご本人の対応にはいろいろびっくりさせられましたので、今回のメルマガはこの一件に関するびっくり特集にします。

 ご本人が記者会見で、「あんなひどい会話をした記憶はございません」とのことで、会話自体は“あんなひどい”という評価になることにびっくり。自分は少なくとも“あんなひどい”会話をしてはいないと言いたいのでしょう。

 

 しかし、女性記者がその録音の相手は自分だと出てきた以上、どう言い逃れをしようもなく、“あんなひどい”会話をしていた事実は明確でしょう。

 

 いまどき、女性記者を相手にこれだけのセクハラ発言を連発する官僚の偉いさんがいることにびっくり。男性記者が相手だったら、取材の問いの合間に「君、週何回やってる?誰とやってる?」なんて性的な事をにおわせるような発言は絶対にしないでしょうに。

 

 そして、女性が接客をしている店に行き、店の女性と“言葉遊び”を楽しむようなことはあるというのですが、女性が男性を相手に接客していればその女性に何を言っても許されるという感覚にもびっくり。女性を侮蔑するような発言をして、それを“言葉遊び”だなんて。そんな遊び方をしているんですね、この偉いさんは。

女性が接客業であろうがなかろうが、女性を侮蔑しちゃいけないのではないでしょうか。

 

 お金を出せば何をしてもいいという基本理解があるとすれば、性風俗関係の女性からの相談が私たちのところに絶えず寄せられるのも無理はない状況があるのでしょう。

そもそも、セクハラをしてもいい女性としてはいけない女性とに分けて考えること自体にびっくり。

 

 そして、一番びっくりしかつ絶望的にさえなることは、セクハラが社会問題化されて30年近く経った現在、少なくとも職場環境に雇用者は最善の注意を払わなければならないことになっています。財務省のトップは、自分の職場には、そんなことは適用されないとでも考えているのでしょうか。この偉いさんは一度もセクハラ研修を職場で受けてこなかったのでしょうか。彼の就職は1982年とのことです。官僚として油の乗り切った中堅どころの頃にはもうセクハラが社会問題化し、1990年代の終り頃には、職場環境の整備が問われ始めていました。そんな世上の動きにはまったく関与しない思考のありようでも、高級官僚がつつがなく務まってきた財務省の文化風土にびっくり。


 きっとこの偉いさんによる被害女性やパワハラを受けた部下たちは、今回ようやく明るみに出た女性記者のみならず、たくさんいることでしょう。


財務省は“うみ”を出し切って欲しいし、私たちも“うみ”を絞り出しましょう。

PAPSのサポーター会員の募集

 

 

 ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会)へご寄付・ご協力をお願いいたします。みなさまの寄付金は、ポルノ被害と性的搾取や性暴力被害の相談支援、ポルノ被害の啓発活動に大切に役立てさせていただきます。​ 今後も、ぱっぷすの相談支援体制の充実をはかり、被害を無くすために努めて参りますのでご協力をよろしくお願いいたします。


郵便振替口座:
ポルノ被害と性暴力を考える会 
00190-3-565606

 

銀行口座:

ゆうちょ銀行  店番 019
店名 〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
預金種目 当座

口座番号 0565606

クレジットカードでも寄付できます

ポルノ被害と性暴力を考える会編などの出版物

  1. 『森美術館問題と性暴力表現』(不磨書房2013.8)1,890円+送料

  2. 『証言 現代の性暴力とポルノ被害 ~研究と福祉の現場から』 東京都社会福祉協議会2010.11)1、905+送料

  3. リーフレット「AVに出演させられそうになっていませんか」 送料(+カンパ)のみ

  4. 賃社編集室、発売:旬報社「賃金と社会保障 特集AVポルノ被害 1月合併号」「まだ可視化されていないアダルトビデオ産業の性暴力被害と若者の貧困」 賃社編集部了解のもとにコピーの実費+送料=300円で頒布 2015年に、AV出演を拒否した女性がプロダクションから2460万円の損害賠償の民事訴訟をされて勝訴した事件。判決文、当該女性の手記等が掲載され、今のところ、この事件に関する唯一のまとまった資料。以上の書籍の申し込みは住所・氏名・希望部数を記載のうえ mail:paps@paps-jp.orgか、FAX(03-6304-2564)までご連絡ください。

  5. 宮本節子著「AV出演を強要された彼女たち」(ちくま新書 2016.12 864円税込み)こちらにテキストを入力してください

  6.  

     

     

     

     

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

関連記事

Please reload