Please reload

PAPS メルマガ vol.060 累積相談件数500件を突破

August 9, 2018

メルマガはこちらからご覧ください

https://shoutout.wix.com/so/4MKT1L2n#/main

 

・相談件数の概況

 PAPSへアダルトビデオやその他性に関わって生活が脅かされたと感じる人々からの相談累積数は2018年7月をもって500件を超しました。

 2012年ごろから、PAPSではAVに出演したことにより性的尊厳の侵害や様々な社会的不利益を被っている人々に対して相談窓口を開設しました。

 当初は年に1件かそこらの相談だったのですが、2014年を境に相談件数が伸びてきました。その状況は以下のとおりです。

2012年 1件

2013年 1件

2014年 29件

2015年 82件

2016年 155件

2017年 161件

2018年 75件 (※1月~7月)

 

・相談件数が増えた背景

1 2015年に初めて、“AV出演強要”というネーミングで大々的にマスコミ報道されました。それまでは、出演する女性の同意のもとに行われている撮影だし、ギャラも支払われていることだから、性被害など無ないとされていました。PAPSをはじめとする民間団体によって“同意”や“ギャラ”の裏にはとんでもない騙しや脅しがあることが事実を持って初めて暴かれました。

 ちなみに、メディアによる報道がある度に若干のタイムラグがあるのですが、相談の波が大きくなります。逆に言えば、メディアの報道がしばらくないと相談件数も減少する傾向にあります。

 

2 2015年4月から2017年8月まではNPO法人人身取引サポートセンター・ライトハウスと提携し、PAPS&LH協働相談支援事業を行っていた期間です。この期間は、相談窓口(入口)が二つあって、相談に入ってみると相談対応は一緒とという形をとっていました。

 従って2015年から2017年には2団体が連携することによって相談件数が大幅に増えました。1団体当たり、1カ月当たりの相談件数でみると平均月8件で、2014年の月平均2件強の相談から比べると現在は5倍以上相談件数が伸びました。

 

3  2017年9月以降は、PAPSとライトハウスはそれぞれ独立して独自の相談窓口にしました。PAPSへの相談件数はその当初は若干下がりましたが、現在では、月10件強の相談があり、2018年度だけで100件以上の相談が寄せられるでしょう。

 現在では、AV被害を中心にして相談を受けている2団体があるのですが、相談を寄せてくる方たちは、それぞれのホームページなどを見比べて、双方に相談をしたり、PAPSの特性を理解して相談したり、使い分けをしているようです。

 

・相談内容の概況

 相談を寄せてくる内容の70%ほどは何らかの形でAVに係ることによって人生に甚大な被害を被っており、被害回復を求めてきます。その多くは、現在流布されている動画や画像の削除です。出演した時には、“同意”したかに見えるのですが、実際に販売された後の自分の人生に及ぼす影響は全く想定外の事態が展開し、驚愕して相談に飛び込んできます。

 AV被害のみならずこの頃では性風俗に係った方たちからの相談も増えています。労働条件や客からの被害に店が対応してくれないなど多様な相談があります。

 また、AVは一定の産業のもとに生産されている性商品ですが、技術の発展により事業体の形を取らなくても個人で参入することが簡単にできるようになり、個人による加害の訴えも増えてきています。

 子どもたちにとっては、SNSのツールは日常的で、このことにより思わぬトラブルに巻き込まれた本人、親、学校からの相談も増加の傾向にあります。

 巷で性を売って生き延びている少女からの相談も来ています。

 相談内容はますます多様になっていて私たち自身の力量が日々試されています。

 

・変化したこと

 多様な相談内容ですが、変化してきたこともあります。

 ごく初期の頃の初回アクセスの相談メールは、自分を責める文言や言い訳であふれていました。“契約したのは自分だから自分が悪い”、“断らなかった(逃げ出さなかった)自分が悪い”“自業自得”、“自己責任”、“お金をもらっているので訴える筋合いではないけれども・・”などなど。

 この頃では、単刀直入に困っていることを訴えてくるメールや電話が増えてきました。自分が悪いと責める呪縛から逃れられない方たちもいまだにいますけれども。 私たちの方もノウハウを蓄積しましたので、対応できる幅がずいぶん広がりました。

 また、AV業界団体は、ほんの少しずつではありますが、対策に乗り出してきています。私たちは、AV業界団体も販売停止を行う社会資源の一つと捉え、できる限り相談にこられた方たちの要望に応える努力をしています。

 

・変化しないこと

 相談内用や相談する意識に変化は見られますが、変化しない面もあります。AV業者の多様性とAVを嗜好している一定の消費者層の存在です。この消費者層が流通を含むAVの巨大産業を支えており、この問題にはまだ手が付けられていません。

 また、いまだに、もう出演は嫌!と訴えるとバラシ代を請求されたり、そもそも出演拒否を認めない業者がいます。

 同じプロダクションから複数人の相談を受けています。このような場合、警視庁等と連携しながら、事件化の途を模索します。ただ、事件化の途は非常に厳しく、当事者に多大な負担をかけるためになかなか実現しないのも現実です。

 

酷暑のみぎり、ご自愛ください。

PAPSのサポーター会員の募集

 

 

 ぱっぷす(ポルノ被害と性暴力を考える会)へご寄付・ご協力をお願いいたします。みなさまの寄付金は、ポルノ被害と性的搾取や性暴力被害の相談支援、ポルノ被害の啓発活動に大切に役立てさせていただきます。​ 今後も、ぱっぷすの相談支援体制の充実をはかり、被害を無くすために努めて参りますのでご協力をよろしくお願いいたします。


郵便振替口座:
ポルノ被害と性暴力を考える会 
00190-3-565606

 

銀行口座:

ゆうちょ銀行  店番 019
店名 〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
預金種目 当座

口座番号 0565606

クレジットカードでも寄付できます

ポルノ被害と性暴力を考える会編などの出版物

  1. 『森美術館問題と性暴力表現』(不磨書房2013.8)1,890円+送料

  2. 『証言 現代の性暴力とポルノ被害 ~研究と福祉の現場から』 東京都社会福祉協議会2010.11)1、905+送料

  3. リーフレット「AVに出演させられそうになっていませんか」 送料(+カンパ)のみ

  4. 賃社編集室、発売:旬報社「賃金と社会保障 特集AVポルノ被害 1月合併号」「まだ可視化されていないアダルトビデオ産業の性暴力被害と若者の貧困」 賃社編集部了解のもとにコピーの実費+送料=300円で頒布 2015年に、AV出演を拒否した女性がプロダクションから2460万円の損害賠償の民事訴訟をされて勝訴した事件。判決文、当該女性の手記等が掲載され、今のところ、この事件に関する唯一のまとまった資料。以上の書籍の申し込みは住所・氏名・希望部数を記載のうえ mail:paps@paps-jp.orgか、FAX(03-6304-2564)までご連絡ください。

  5. 宮本節子著「AV出演を強要された彼女たち」(ちくま新書 2016.12 864円税込み)こちらにテキストを入力してください。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

関連記事

Please reload