(C)ぱっぷす(特定非営利活動法人ポルノ被害と性暴力を考える会)

  • Instagramの社会のアイコン
  • 社会的なFacebookのアイコン
  • Twitter Social Icon
  • アマゾンの社会のアイコン
Please reload

PAPSメルマガ vol.64 ぱっぷすのTwitter状況について

December 27, 2018

メルマガはこちらからご覧ください。

https://shoutout.wix.com/so/f6MVjIlra#/main

 

 

ぱっぷすでは、現在、ホームページ、メルマガ、Facebook、Twitter、LINEなどを通じて、関心持ってくださる方たちに活動の様子を送っています。このところのTwitterの様子をお知らせします。Twitterを開始したのは昨年。これまでに約2000ツイート。フォロワーは約1760人。この一か月間の表示回数は約20万件。この半年ばかりの間で反響の大きかったツイートを以下にご紹介します。

 

・・・・・・・・・・・

6月23日 表示回数:15,190

このスカウトは優しいから信じられると思ってついて行った自分が悪い、当時自暴自棄になっていた自分の身から出た錆、こんなセリフがちりばめられた相談のメールや電話を受けるとき、強く思います。あなたが悪いんじゃない! 相談する勇気を持ってくれてありがとう、と。

 

8月1日 表示回数:50,311

某所セブンイレブンに入ると目の前に成人雑誌が並ぶ。昨晩はそこに若い男の子たちが8人程群がり、入り口を塞いでいた。皆笑いながら携帯で何か撮影していたので様子を伺うと一人が成人雑誌を抜き取り一枚一枚捲る様子とその中身を動画に撮っていた。胸を締め付けるその笑い声は暫く鼓膜に残った。

 

10月7日 表示回数:15,190

女性達は、戦時下であろうが、国内紛争であろうが、一見平和そうに見えていようが、いつだって、性的暴力にさらされ、性的好奇の目にさらされてきた。日本では身を護るために、「女性専用車」を設置するだけでさえ、ある種の人たちからの執拗な攻撃を受けている社会なのだ。もうやめよう、そんな社会

 

10月9日 表示回数:14,150

AVには性暴力なんかない。AVはファンタジーだとずっと言われてきた。でも、相談窓口が開設されたら、次々に相談者が現れるようになり、信じられないような事実が表に出てきた。相談するということは、日本のMe Too 運動でもあるのです。あなたは一人じゃない。困ったなあと思ったら相談してほしい。

 

10月23日 表示回数:40,392

性被害の恐ろしい点は今までの日常生活が破壊されること。家の外に出るのが恐ろしい、職場にいたたまれなくなる、学校に通えなくなるなど。AV出演がバレた場合はもっと顕著に社会生活が脅かされる。学校を退学させられたり、職場を退職させられたり…。AVを楽しんでいる人は何の影響もないのにね。

 

10月13日 表示回数:145,929

高校生の娘がアイドルにならないかとスカウトされた。舞台出演もあったが撮影は心配で、行かせてくださいと頼むと「ステージにママいると雰囲気悪くなるんですよね。私達を信用出来ない様じゃ娘さんの夢を邪魔するだけですよ」と言われた。結果娘は小さな布を下半身に一枚置いて性的な動画を撮られた。

 

10月24日 表示回数:11,458

業界はAVに出演する人にはきちんと説明してるって言っているようですが、では、なぜ、撮影現場から裸で逃げ出して取り押さえられたとか、財布とは別に持っていたお金でタクシーに飛び乗って逃げ出したなどという話を、私たちが聞くことになるのでしょう?彼女たちの言っていることは嘘だとでも?

 

11月8日 表示回数:16,008

10年前、まだ十代の頃騙されてAVに出演させられた。怖くて被害届を出す勇気がなかった。10年経ってやっと相談できた。でも、事件化するには時効の壁があった。それでも販売停止をしたり、動画を削除したくて、弁護士やぱっぷすを通じて業者と交渉してやっと合意できた。相談してから2年かかった。

 

11月25日 表示回数:12,821

“AV出演強要”の言葉が一人歩きしている。拉致監禁されて強要ということは、なくはないけど、真綿でくるんだように取り込まれて気が付いた時は抜き差しならなくなっていることがほとんど。都合が悪くなると強要されたと言い訳に使っている女がいるという人もいるけど、この言い方には悪意を感じる。

 

12月2日 表示回数:21,443

相談を受けていて、あれ?これって同じ加害者じゃないかと思う事例があって、調べて警察につないだ。被害者は100人以上いた。でも結局、警察調書に応じたのはわずか。圧倒的には泣き寝入りです。事件になることで返って目立ってしまうし、執行猶予になんかなったら加害者に何されるかわからないもの。

 

12月3日 表示回数:17,222

AV出演拒否の女性が業者から損害賠償(2千数百万円)を訴えられた事件がありました。弁護団がいち早く裁判記録の閲覧制限を申し立て、裁判所は認めました。原告である業者側は彼女の法廷での証人を請求しましたが、裁判所は退けています。 女性は表に出ることなく勝訴しました。やればできる例もある。

 

12月14日 表示回数:13,141

その他ほとんどのAVは、性交行為が実際に行われているのが前提ですから、被写体の身体が傷ついてもおかしくない。“膣が痛い、やめて!”と言っても最後まで押し通されてしまうなんて性暴力以外の何物でもないのに、映像になると“映像文化”の一環だなんて。映像は“演技”だから証拠じゃないんだよね。

・・・・・・・・・・

 

私たちのツイートを読んで相談を寄せて下さる方たちもいます。

https://twitter.com/PAPS_jp

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

関連記事

Please reload