top of page

短縮URL生成サービスのシステム障害について

お世話になっております、NPO法人ぱっぷすです。いつも、短縮URL・QRコード生成サービス https://qr.paps.jp をご使用いただきありがとうございます。


2024年2月22日10時50分にシステム障害が発生し、短縮URL・QRコード生成サービス・セキュファイル便がご利用いただけない状況が発生いたしました。


ご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ございません。


なお、現在は復旧しており、サービスを通常通りご利用いただける状態です。今後は同様のことが生じないよう対策を講じさせていただきます。皆様にご迷惑をおかけしましたこと、重ねてお詫びいたします。


本サービスは、当団体が行う性的搾取やデジタル性暴力被害の相談窓口として、証拠の保全情報を弁護士・相談者・法執行機関と共有しなければならず、個人情報の取得などがない、安全性が確保されたシステムの導入が必要だっため開発し、一般向けにも開放しております。

 

1.障害発生日時

2024年2月22日10:50分~16時:45分


2.サービス・影響

一時的に短縮URL・QRコード生成サービス・セキュファイル便が

ご利用いただけない状態が発生いたしました。


3.復旧状況

現在は復旧しており、通常通りをご利用いただける状態でございます。

個人情報の取得していないことから、お客様の個人情報の流出は発生することはありません。


4.原因

サーバーの負荷の増大などによりシステムを再起動したところ

サービス起動に障害が発生し、原因の特定と回復に時間を要しました。


ぱっぷす事務局


 

【緊急募集】ぱっぷすの活動を応援してください【寄付のお願い】


▼「Amazon欲しいものリスト」から応援を送る


・食物、お菓子、衣類、衛生用品、生理用品など必要なものをリストにしました。

・「こういうのが欲しい」「あれば助かる」という女の子の声を大事にしています

・安心できる場所、安全に休めること、大事にされた経験が彼女たちの力になります

・以下のリンクからの応援をどうぞお願いいたします。




▼「単発寄付」をして、冬の寒さから女の子たちを守る


・私たちのカフェは東京都の補助事業を受けて運営しています

・しかし、虐待や性被害などの困難を抱える若者が急増しており活動費が全く足りません

・誹謗中傷や活動妨害などへの対応にも頭を悩まされています





▼「継続寄付」をして、デジタル性暴力の被害者支援を応援する


・ぱっぷすの相談窓口への性暴力被害相談も急増しています

・2019年には182件だった相談が、2020年には281件、2021年には691件、2022年度は1208件の相談が寄せられました。2023年度は2000件におよぶ見通しです

・中高生からの相談も多く寄せられており被害の低年齢化が深刻です

・ぱっぷすは日本で唯一のデジタル性暴力の被害者支援を行う非営利団体です

・被害者への支援活動を維持するために、みなさまのお力添えをお願いいたします。





閲覧数:105回

Comments


bottom of page